プログラミングスクール

【神】完全無料のプログラミングスクールを徹底解説!【全部タダ!】

プログラミングは学びたいけど、どこのスクールもいいお値段なので、無料でプログラミングが学べるのはとても魅力的ですよね。
ですが、「タダより高いモノはない」という言葉があるくらい、後出しで何か要求されるのでは?と不安になる人が多いのではないでしょうか。

無料のプログラミングスクールが存在する理由としては、IT技術が急成長する中でまだまだIT人材が少ないことが背景にあります。では、なぜ有料のスクールだけでなく無料のプログラミングスクールとして運営できるのか。

無料プログラミングスクールには大きく分けて6つに分類できます。その全貌を知った上で、無料で学ぶもよし、有料で学ぶもよし。プログラミングスクール選びの参考にしてください。

筆者の個人的な意見としては、完全無料タイプでプログラミングを習得する方法で身につけるのもオススメです。その理由についてもお話ししますね。

なぜ無料プログラミングスクールが成立するの?

そもそも無料プログラミングスクールは、どういう仕組みで運営が成立しているのでしょうか。その答えは、各スクールによって多少違いはあるものの、次の3つが当てはまります。

1.人材紹介としての紹介サービス

プログラミングスキルを無料で培う代わりに、スキル提供したスクールを介して転職を行うことで、紹介企業から報酬を受け取るケースです。無料スクールは受講生に無料でスキルを獲得してもらい、提携企業側の研修などの手間を省くことでコストパフォーマンスの利害が一致していることで成立しています。

スクールによっては、長期勤続によるキャリア形成を図る観点から35歳未満の人と年齢の上限を設けていることもあります。

2.SES(システム・エンジニアリング・サービス)

SES(System Engineering Serviceの略)は、ソフトウェアやシステムの開発・保守・運用などのクライアントと委託契約し、業務内容に合わせて技術者を派遣することをいいます。

SESはさまざまな経験を積めることが魅力的ですが、最後までプロジェクトに関われなかったり、働く環境が頻繁に変わったりするため、落ち着いた場所で働きたいと思っている人にはオススメできません。ですが、いまの若い人の中にはひとつの仕事に縛られずに、さまざまな経験を積みたいと思う人が増えたこともありニーズが高い働き方でもあります。

受講生はスクールでプログラミングスキルを身につけ、その後提携企業先へ出向します。受講生が出向することでスクール側は利益を得ることで成立しています。

3.協賛企業からの融資

スクール理念に賛同する協賛企業によって、無料でプログラミングスクールの運営ができているところもあります。ですが、学べる言語が限られていたり、参加条件が狭き門であったりとハードルが高いことが特徴です。

自分の学びたい言語が明確で、参加条件がマッチするのであれば検討してみるのもいいでしょう。

無料プログラミングスクールへの参加条件・制約とは

無料でプログラミングスキルが獲得できるという受講生には願ってもないチャンスですが、そう簡単には参加できません…
プログラミングスクールによって参加条件・制約は異なりますが、次の8個が関係してきます。

年齢制限

大抵のプログラミングスクールでは、年齢制限として18歳から35歳未満といった上限を設けているところもあります。ただ数は少ないですが、スクールによっては条件をみたしていれば35歳以上の参加もOKにしているところがありますので、事前に調べておきましょう。

SES・提携企業先への就業意欲

無料でプログラミングを学べるだけで終わりとは行かず、スキル習得後は「就職・転職」をする必要があります。フリーランスとしての自由な働き方を考えているのであれば、そもそも無料で学ぶことができませんので、自分の将来像を照らし合わせえ選びましょう。

期限付き

スキルを習得するのに無期限にしているところはごくわずかです。ほとんどのプログラミングスクールが、習得期間や学習時間の確保を条件に提示しています。自分のペースで勉強したいという人は、「完全無料タイプ」がオススメです。

人数制限

無料で運営しているからこそ、プログラミングを教える人数に上限を設けているスクールも存在します。人数制限をしているスクールは少ないですが、すぐに募集枠が埋まってしまうため、興味があるのであれば無料カウンセリング・無料説明会へは積極的に参加しましょう。

先生不在

無料プログラミングスクールの中には、有料と違い現役エンジニアではなくプログラミング講師が教えてくれるところがあります。プログラミング言語を学ぶだけであれば問題ないのですが、無料プログラミングスクールの場合、受講後に就業することを考えると現場で生かせる知識とミスマッチし、時間の無駄になってしまう可能性があります…

現場での実践的な学習に力を入れている無料プログラミングスクールもあるので、選ぶ基準に組み込んでほしい項目です。

言語限定

無料プログラミングスクールは、習得言語が限定されているため、自由に言語を選択できません。せっかくプログラミングを覚えるなら、いろいろなモノを作れるようになりたい!と思っているのであれば、有料プログラミングスクールで学びたい言語を選び、転職して全額キャッシュバックを受けることがお得で効率よく学べます。ひとつの選択肢として検討して損がないので、視野を広げる意味でもオススメです。

地域や場所が限定的

無料で学べるからこそ、ネックとなるのが「場所」です。どんなに好条件のプログラミングスクールであったとしても、地域限定であったり、オンライン学習がなく教室のみであったりと条件が限定されています。

有料のプログラミングスクールであれば自分の好きな場所・好きなペースで学べることが多いですが、無料プログラミングスクールだとそうはいきません。無料プログラミングスクールの中には、地方出身者のために専用シェアハウスを紹介しているところもあるので、学ぶ場所は要チェックです。

学習経験の有無

基本的に未経験から参加OKですが、無料プログラミングスクールの中には学習経験を求められることがまれにあります。学習経験を聞くスクールは、1あるか無いかですので特に構える必要な無いと思いますよ。

無料のプログラミングスクールに向いている人・向いていない人

完全無料のプログラミングスクールですが、誰にでも向いているわけではありません。就職したい企業が決まっている人や就職するつもりのない人、無料だと頑張れない人は辞めておきましょう。

一方、無料のプログラミングスクールに向いている人もおり、そのような人にとってはとても魅力的な環境です。

具体的には、現状スキルも貯金もあまりなく、できるだけお金を掛けずにスキルと仕事の両方を得たい欲張りな人にはオススメです。貴重なチャンスを逃さないために、一生懸命取り組むといいでしょう。

また就職先に関して、学んだスキルを活かして正社員で働けれるのであれば、企業名などは気にしないという人にも適していいます。地域が限定されていることも多いので、条件に合いそうな所を探せるといいですね。

無料プログラミングスクールを選ぶ際に絶対やってほしいこと

どんなに詳しくまとめてある記事でも、リアル情報に勝ることはできません。無料でプログラミングを学べるからといって、自分との相性や肌で感じた情報にはどんなモノにも代え難いです。プログラミングスクールを選ぶ際には、絶対に次の2つをやっておきましょう。

  1. SNSなどの口コミ確認
  2. 無料カウンセリングを受ける

それぞれについて詳しくお話ししますね。

1.SNSなどの口コミ確認

いまでは、プログラミングスクールの参加者が気軽にSNSで情報を発信しているため、スクールの内部事情が手に入りやすくなりました。実際に無料プログラミングスクールで学んでいるからこその「苦労話」や「得られるメリット」など、受講生としての率直な意見は見ておいて損はないでしょう。

例:無料プログラミングの口コミ(Twitter)

口コミを見つけるコツとしては、SNSで「ハッシュタグ」検索、その他にはESCOLAやコードランなどの口コミサイトで受講生の口コミを見てみるのもオススメです。

2.無料カウンセリング・無料説明会を受ける

新しいスキルを身につけ、今と違う職場・環境にチャレンジしたい人はプログラミングを学んでみるのもアリですが、自身に合っているかわからなかったり、本当に継続できるのか不安だったりすることもあります。

無料カウンセリング・無料説明会でスクール運営者と直接話すことで、ネットには載っていない情報を得られる有意義な時間になります。

プログラミングスクールを検討している人の中には、無料カウンセリングをはしごして比較している人もいるくらいなので、遠慮せずどんどん質問しちゃいましょう。

【タイプ別】無料プログラミングスクールを徹底解説

現時点で無料プログラミングスクールは、大きく分けて6つのタイプに分類できます。それぞれのタイプ毎に条件や制約があるので、詳しく解説していきますね。

①実質無料タイプ

実質無料タイプとは、各プログラミングスクールが提供する「転職支援サポート付き」のプログラミングスクールとして入学し、転職の成功or失敗で全額返金する無料プログラミングスクールが当てはまります。

②デポジットタイプ

デポジットタイプとは、プログラミングを学ぶにあたり保証金として、ある程度の金額を納め、就職決定などの条件を満たすと保証金を全額返金するというタイプです。

③完全無料タイプ

途中離脱しても完全無料で学ぶことができ、無料プログラミングスクールの中では他にない待遇の良さが目につきます。ただ、入会には年齢などの上限があり人によっては、狭き門といえるでしょう。

ProEngineer(プログラマカレッジ)

せっかくプログラミングを学ぶのであれば、確実に正社員として就職を実現したい!と思っている人には、ProEngineerのプログラマカレッジへの参加がおすすめです。96.2%もの就職成功率は伊達ではありません。

プログラマカレッジでは、スクールに通うと20万円以上かかってしまう授業料が完全無料で、通学とオンラインの両方で学べます。プログラミング未経験者でも基礎から教えてもらえるため安心です。

テキストで理論を勉強すると共に、実際にアプリやサイトなどの製作物を作れるので、理論だけではなく実践的な学習ができます。実践から得る知識は、企業に就職してからのスムーズな活躍にとって必要不可欠です。

またプログラミングだけではなく就職支援も充実しており、ビジネスマナーや履歴書の書き方なども学べます。就職先もサイバーエージェントやLINEグループなど優良企業も多く、その数は3500件以上と魅力的です。

もし希望をすれば、有名な企業で給料をもらいながらインターンシップにも参加できるため、実際にプログラマーとして働くとはどのような事なのかを体感できます。ここまで手厚いサポートは他では受けられません。

プログラマカレッジ 公式サイト

④自社採用タイプ

プログラミングを習得後、提供スクールへの就職で受講料が無料になるタイプです。

⑤後払いタイプ

後払いタイプとは、受講何週間後といった期間を設けて、受講内容が気に入らなければ退会することによって、無料で受講できるタイプになります。期間内に退会手続きをしなければ、支払いが発生してしまうため、注意が必要です。

⑥人材紹介タイプ

人材紹介タイプとは、エンジニアとしての転職支援によって就職することで、紹介企業から報酬を受け取るタイプです。プログラミング受講生の目的が転職であれば、実践的なプログラミングを無料で習得できます。

GEEK JOB

GEEK JOBは未経験からプログラミング転職を実現するためのスクールで、最短で一ヶ月でスキルを身につけられます。

  • 未経験求人の選考を通過しない
  • 高額なプログラミングスクールに通えない
  • 就職のサポートをしてほしい
  • 仕事をしながらプログラミングを学びたい

と悩んでいる人にとって、GEEK JOBはさまざまなニーズに応えてくれます。

GEEK JOBでは無料体験会や説明会に申し込むことで、開発エンジニア・インフラエンジニアに必要なスキルを直接質問できます。各エンジニアのカリキュラム内容や、学べるプログラミング言語、どのように就職活動を進めていくかなどを相談可能です。

就業中や大学生でも受講できるスケジュールを組めるので、夜間や土日の時間を利用して通学できます。まずプログラミングを体験したい人はGEEK JOBを検討してみましょう。

GEEK JOB 公式サイト

無料スクールと比べた時の有料スクールのメリット

現在提供されている無料のプログラミングスクールを紹介しましたが、6つのタイプに分類できることを知らなかった人も多いのではないでしょうか。転職前提だったり、条件を満たすことで実質無料であったり、年齢制限があったりとスクール毎に条件が異なりましたね。

では、無料と有料で何が違うのか。大きな違いとしては、次の4つが挙げられます。

好きな就職先を選べる

どんなキャリアにしたいか、プログラミングを学ぶ前と学び始めた頃で変わる人もいます。その場合、特定の言語のみ・固定の就職先では、仕事とのミスマッチが生じてしまうことも…。なかには、プログラミングのスキルを身につけたのに、全く異なる業種へ転職紹介されたこともあります。

有料スクールであれば習得言語や就職先の幅が広いため、将来性が高いです。そもそも就職ではなく、フリーランスの道やエンジニアとしての教養のみで完結したいという人であれば、無料スクールだとリスクが高いでしょう。

講師サポートがある

無料スクールの中には、自分で本などを使って学んでね!というスタイルを取り入れているスクールもあるため、わからないことが出てきてつまずいてしまった時にフォローが無いまたは質問制限があります。

現役エンジニアが講師の場合、実際の現場経験を元にした講義内容もありますが、専属講師の場合には現場から離れてしまい最新IT情報からタイムラグが生じていることもしばしばあります。

学習が習慣付けられる

無料スクールは学習スタイルを短期集中型にしているところが多く、週4日以上の履修が参加条件として出ていることもあります。この場合、ITエンジニアとして今後活躍していくことを考えると、仕事との両立が難しいと感じ、就職後につまずく可能性があります。ITエンジニアとして大切なことは、就職後も新しい知見を収集し技術向上を目指す勉強スタイルといっても過言ではありません。有料スクールの場合、自分のいまのライフプランに合わせてプログラミングを学ぶことができ、マンツーマンでメンターが付いて学習できるため、日々の生活の中で勉強する習慣が身につけられます。

スキル習得へのコミットメント力がある

プログラミング習得は、独学や無料スクールでも学べますが、あえてお金を払うことで、「お金を払ったからには絶対習得しなくては」とモチベーションを高める人がいます。もちろん、独学や無料スクールで習得する人もいるため、一概には言えませんがお金を払うというリスクを負うことで目標達成のためにがむしゃらに頑張れるという人も多いですよ。

30代の方は有料のプログラミングスクールしかない

さまざまなプログラミングスクールを紹介しましたが残念ながら、無料スクールは誰でも受講できるわけではありません。多くが第二新卒や若いフリーター向けのサービスなので、その受講は20代までに限定されており、30代がプログラミングを学ぶためには有料のプログラミングスクールしかありません。

30代の方が未経験からIT業界を目指すには、未経験者96%で、顧客満足度98.7%のTech Boostがオススメです。オーダーメイドカリキュラムで現役のエンジニアに指導をして貰いながら、キャリアサポートも充実しています。

社会人の場合には入学金が通学の場合には219,800円、オンラインの場合には134,800円と月額29,800円の授業料がかかりますが、各種割引制度もありますので、まずは無料説明会へ参加してみるのがオススメです。

TechBoost 公式サイト